トップ > 検査・添加物・農薬 > 食品防御の考え方とその進め方

食品防御の考え方とその進め方

商品コード : ISBN:978-4-88925-074-9
価格 : 3,000円(税込 3,240 円)
体裁:B5判 248ページ
数量
 

3,000円以上の場合は配送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
本書では、わが国で過去に発生した毒物混入事件の検証から、食品防御対策ガイドラインを基にした食品防御の進め方、さらには事業者におけるフードディフェンスへの取組み等を紹介しており、食品企業が食品安全から食品防御へと進んでいくための指針となる書籍です。


■収載内容
第1章 なぜ食品防御(フードディフェンス)が必要か
第2章 農薬混入事件と食品防御対策
第3章 食品工場の脆弱性評価手法と課題
第4章 食品製造工場関係者向け『食品防御対策ガイドライン』
第5章 サントリーグループにおけるフードディフェンスの取り組み


※送料 1回の請求金額が3,000円以上の場合はサービス、3,000円未満の場合は一律300円。ただし、送付先が1ヶ所の場合に限ります。
※振込先は商品と一緒に同封する請求書に記載されております。
(請求書は商品と一緒に同封いたします。)
 振込手数料はお客様でご負担願います。

ページトップへ